The ground of madness

狂乱の大地

1960年代、ブラジル映画界で起こったニューウェイブ・ムーブメント“シネマ・ノーヴォ>“。その旗手である映画作家グラウベル・ローシャが自ら“何よりも重要な作品“と位置づけている1作で、架空の共和国エル・ドラドを舞台に、抑圧と解放をめぐり揺れ動く人々の姿を描く壮大な寓話。政治的なものへのメッセージ性も公開当時、物議を醸した。

ストーリー
理想に燃えたジャーナリストにして詩人のパウロは、保守政治家ジアスに眼をかけられていたが、活動家のサラと出会い意気投合。そこで、民衆に人気の進歩派議員ヴィエイラを革新的なリーダーと期待し知事に押し上げた。だが、選挙に勝ったヴィエイラは……。

キャスト
[監督][脚本]グラウベル・ローシャ[製作総指揮]セリート・ビアナ[撮影]ルイス・カルロス・バレート[美術]パルロ・ジル・ソアレス[出演]ジャルデル・フィーリョ/グラウセ・ローシャ/パウロ・アウトラン/ジョセ・レウゴイ/パウロ・グラシンド

コピーライト
(C)GRUPO NOVO DE CINEMA E TV

コメントは受け付けていません。

Free Online Casino

会員登録もインストールも無く、気軽に試せるオンラインカジノの
フラッシュ版ゲームをご用意しました!お金を賭けている感覚で遊べます♪

advertisement advertisement advertisement advertisement advertisement advertisement advertisement advertisement advertisement advertisement